はじめに

いつも自衛官生活支援会のブログをご覧いただきありがとうございます。7月31日に厚生労働省2019年の男女の平均寿命を発表しました。2018年より伸びたようですが、自衛官は若年退職制ですので、退職後の時間は一般の人達より長くなります。今回はその時間を充実させる3つのポイントを解説します。

2019年平均寿命は前年より伸びた

7月31日、厚生労働省は、男の平均寿命は 81.41 年、女の平均寿命は 87.45 年となったと発表しました。前年と比較して男は 0.16 年、女は 0.13 年上回っています。男女の平均寿命の差は、6.03 年で前の年より 0.03 年少なくなっています。

自衛官は若年退職なので、55歳で退職とすると、男性で26.41年間、女性で32.45年間もの退職後の時間がありますが、充実したものとするには、どのような準備が必要でしょうか。

3つの準備が必要

この26~30年間を充実した時間とするためには、どんな準備が必要でしょうか。

お金の準備が必要

まず、頭に浮かぶのがお金の準備ですが、約30年間でどのくらい必要でしょうか?

◎夫婦で年金、退職金を入れても2,000万円くらいは準備が必要!

毎月平均26万円掛かるとすると30年だと・・26万円×12ケ月×30年=9,360万円が必要となります。ただ、年金があるので、年金は平均224万円/年(夫:厚生・基礎年金、妻:基礎年金)ですので、224万円×30年=6720万円となり、差額は2,640万円となり、退職金と若退金で大丈夫かもしれませんがこの毎月26万円は、生活費のみです。

介護を考えると、約1,000万円/人(*)くらい掛かります2人だと2,000万円くらいになりそうです。

(*)介護費用:1か月あたり平均16万円で平均5年間・・960万円/人必要

充実した時間を過ごすには健康が必要

2016年の調査では、健康年齢は男:72.14歳、女:74.79歳となり、2016年のそれぞれの平均寿命(男:80.98歳、女:87.14歳)との差は、男が8.84歳、女が12.35歳となりました。健康寿命とは介護や医療を受け続けないで自立した生活を送れる歳のことです。

◎健康を維持して充実した時間を過ごそう!

長生きをしても、介護を受けてベッドの上で過ごす時間が長いようでは、残念な気がします。やはり、健康を保ちながら、天命を全うしたいですよね。

スキルアップをはかる・・仕事を続け、お金と健康を手に入れよう

退職後、30年近くあります。もう一度、新しいことにチャレンジしてはいかがでしょか?仕事を続けながら、新しく多くの仲間を作り、充実した時間を過ごしてみるのはどうですか。

◎スキルアップをはかり、仕事を続けてお金と健康を手に入れよう!

そのためには、新しいスキルを身に付けて、今までとは違う世界に挑戦してはいかがでしょうか。仕事を続けることにより、健康とお金も手に入れることが出来ます。まさに、一石二鳥ではないでしょうか。

まとめ

自衛官は若年定年制のため、退職後は長い時間があります。この時間を充実させ、お金と健康を手に入れるには、新たなスキルに挑戦して、仕事を続けることが大切だと思います。仕事、健康、お金の3つは相互に密接に関係してます。その中でも大切なのが、スキルアップです。スキルアップすることによって、新しい仕事にチャレンジし、そして健康とお金を手に入れることが出来ると思っています。

マネープランのご相談は、「自衛官生活支援会」にお申し付け下さい。Zoomを使ったオンライン相談も実施中です。

現役自衛官、OBの方のお金とくらしのご相談